トイレの悩み相談室

監修
山梨大学医学部附属病院 泌尿器科
教授 武田 正之 先生

尿漏れ(尿失禁)で、
困っています…

「突然、強い尿意をもよおして、トイレまで我慢できなくて、漏らしてしまった・・・」
「友達と会話中に、尿が漏れて、とても恥ずかしい思いをした」
そんな「尿漏れ」のことを、
歳のせいとあきらめていませんか?
尿漏れにはさまざまな原因が考えられますが、
もしかすると「過活動膀胱」という
病気の可能性もあります。
まずは、ご自分の症状と病気について、
正しく理解して、適切に対処しましょう。

尿漏れでつらい。
どうしたらいいですか?

自分の意思とは関係なく
尿が漏れてしまう症状を
「尿漏れ(尿失禁)」といいます。

恥ずかしさや高齢のせいと思って、一人で悩んで我慢している方が多いですが、その症状や原因に応じて、きちんとした治療法がありますので、お悩みの方はお医者さんに相談してみましょう。

尿漏れの原因はなんですか?

尿漏れには、主に過活動膀胱による「切迫性尿失禁」と骨盤底筋の衰えによる「腹圧性尿失禁」があります。また、「切迫性尿失禁」と「腹圧性尿失禁」の両方の症状がみられる「混合性尿失禁」の方もいます。

「切迫性尿失禁」

突然の我慢できない強い尿意のために、尿が漏れてしまう症状です。

「切迫性尿失禁」について知りたい方へ

「腹圧性尿失禁」

咳、くしゃみ、スポーツなどをして、おなかに力が入った時に尿がもれてしまう症状です。

「腹圧性尿失禁」について知りたい方へ

その他、自分で尿を出したいのに出せない、しかし、尿が少しずつ漏れ出てしまう「溢流性尿失禁」があります。これは尿が出にくくなる症状が必ず前提にあり、前立腺肥大症、直腸がん・子宮がんの手術後などで膀胱の働きをコントロールする神経機能の低下により起こる場合があります。
また、排尿機能は正常にも関わらず、歩行障害のためにトイレまで間に合わないなどの身体運動機能の低下や認知症のためにトイレで排尿できないことが原因で起こる「機能性尿失禁」などの場合もあります。
状態や原因に応じて、きちんとした治療法がありますので、お困りの方は一度、お医者さんに相談してみましょう。

「尿漏れ」の原因のひとつである、
「過活動膀胱」ってどんな病気ですか?

過活動膀胱とは、膀胱が異常な働きをすることで起こる病気で、40歳以上の男女のおよそ8人に1人が過活動膀胱でお悩みです(※)。
以下のような症状があります。
脳と膀胱(尿道)を結ぶ神経のトラブルで起こる「神経因性」のものと、それ以外の原因で起こる「非神経因性」のものがあります。
※出典:過活動膀胱診療ガイドライン第2版(2015年)

  • 「急に我慢できないような尿意が起こる」(尿意切迫感)
  • 「トイレが近い」(頻尿)
  • 「夜中に何度もトイレに起きる」(夜間頻尿)
  • 「急に尿をしたくなり、トイレまで我慢できずに漏れてしまう」
    (尿漏れ・切迫性尿失禁)

くわしく知りたい方へ

過活動膀胱の診断方法は?

お医者さんに行って、問診尿検査超音波検査(エコー)などの検査をしてもらいます。
くわしく知りたい方へ

過活動膀胱の治療方法は?

過活動膀胱の治療方法は、「薬による治療」が一般的です。その他、「膀胱訓練」「骨盤底筋訓練(骨盤底筋体操)」などの「行動療法」「電気刺激治療」があります。

くわしく知りたい方へ

ふだんの生活の中でできる
対策はありますか?

トイレに行きたくても我慢して、ためられる尿の量を増やす「膀胱訓練」と尿道を鍛えるための体操の「骨盤底筋訓練(骨盤底筋体操)」があります。

くわしく知りたい方へ

①膀胱訓練

トイレに行きたくなっても我慢することで、膀胱にためられる、おしっこの量を増やすための訓練です。我慢する時間は5分くらいから始めて、少しずつ時間を延ばして行きましょう。
くわしく知りたい方へ

②骨盤底筋訓練(骨盤底筋体操)

尿道を締める力を鍛えるための体操です。基本を覚えて、生活の中でこまめに行っていきましょう。
くわしく知りたい方へ

ふだんの生活で気をつけることは?

「水分を摂りすぎない」「下半身を冷やさない」など、日常生活の中でも気をつければ、トイレの悩みを改善できることがありますので、実行してみましょう。

くわしく知りたい方へ

まとめ

  • 尿漏れは、自分の意思とは関係なく尿が漏れること。
  • 尿漏れは、主に「切迫性尿失禁」と「腹圧性尿失禁」に分けられる。
  • 尿漏れは、過活動膀胱などの病気が原因かもしれない。
  • 過活動膀胱は、膀胱が異常な働きをすることで起こる病気である。
  • 過活動膀胱の診断は、問診や尿検査、超音波検査(エコー)などの検査を行う。
  • 過活動膀胱の治療は、薬による治療が一般的である。