排尿障害・泌尿器科関連の用語集 は行

診察室での医師との会話や病気の専門書を読む際に欠かせないのが、専門用語の理解です。 排尿障害の診察で使われる専門用語を中心にご紹介します。

【 白血球:はっけっきゅう 】
血液中の免疫細胞のこと。免疫機能の中心的な存在です。白血球は、外から体内へ侵入してくる病原体や、自身の体内で発生した異物(がん細胞、自己細胞の死骸、悪玉コレステロールなど)を取り除きます。

【 パーキンソン病:ぱーきんそんびょう 】
脳の神経伝達に異常が起き、運動の指令が正しく伝わらないために、動作をスムーズに行えなくなる病気です。ふるえや歩行障害、動きがにぶくなるなどの症状がみられ、蓄尿の障害もしばしばみられます。

【 頻尿:ひんにょう 】
排尿の回数が多くなること。いわゆるトイレが近いことです。排尿回数が1日8回以上を頻尿、夜間も排尿のために1回以上起きなければいけない状態を夜間頻尿と言います。

【 ブドウ球菌:ぶどうきゅうきん 】
ブドウの房状に配列し増殖するグラム陽性菌。病原性の強い黄色ブドウ球菌と病原性の弱い表皮ブドウ球菌の2つに大別されます。黄色ブドウ球菌はヒトの化膿性疾患や食中毒の代表的な原因菌の1つです。

【 膨満感:ぼうまんかん 】
お腹が張り、ガスがたまったような感じを伴う腹部の不快感のこと。

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー
排尿トラブル改善.comトップページ  >  女性向けトップページ  >  用語集 は行
ページTOPへ