過活動膀胱の治療法と効果

薬による治療

過活動膀胱の治療は、まず薬物療法を行うのが一般的です。また、薬物療法は症状を軽減させる対症療法です。治療を始める前に、医師からよく説明を受け、病気と今後の治療について十分に理解をしておきましょう。

薬による治療

行動療法

「膀胱訓練」、「骨盤底筋体操」などで、機能の弱まった膀胱や骨盤底筋を鍛えることによって、尿トラブルの症状を軽くすることができます。

電気刺激治療

電気や磁気で刺激を与えて、骨盤底筋の収縮力を強化したり、膀胱や尿道の神経のはたらきを調整する治療です。過活動膀胱だけでなく、腹圧性尿失禁にも効果があると言われています。

排尿トラブル改善.comトップページ  >  女性向けトップページ  >  過活動膀胱の治療法
ページTOPへ