過活動膀胱(OAB)の精密検査

排尿に関係する症状があっても、「年だから仕方がない」「恥ずかしい」などの理由で病院・医院へ行って診断や治療を受けることなく、我慢したまま、不便でゆううつな生活を続けている人も多いようです。排尿の症状は、診断を受けてきちんと治療すれば改善できます。また、早めの治療で症状の悪化を防ぐこともできます。お悩みの方は、ぜひ早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けることをおすすめいたします。
ここでは、過活動膀胱を中心に、医療機関での診断や治療についてご紹介します。

もう少し詳しく調べる検査

簡単な検査で診断がつかない場合、もう少し詳しく調べる検査をすることもあります。

1)尿流量測定(ウロフロメトリー)
測定装置のついたトイレに排尿をしてもらいます。1回の排尿にかかる時間、尿の量、尿の勢い、排尿のパターンなどがわかります。

2)パッドテスト
漏れた尿の量を、時間を区切って正確に測る検査です。

3)ストレステスト
咳やいきみで尿が漏れるかどうかを、実際にやってみる検査です。

4)膀胱内圧測定
尿道からカテーテル(細い管)を入れ、膀胱に水を入れて排尿してもらいます。膀胱の伸び縮みが正常に行われるかどうかの検査です。

5)膀胱尿道鏡検査
内視鏡を尿道から膀胱に入れ、膀胱や尿道の内部の様子を観察する検査です。

6)X線検査(尿路造影)
造影剤を静脈に注射して、膀胱や尿道の状態をX線で撮影します。造影剤が尿として排泄されるまでの様子がわかります。

排尿トラブル改善.comトップページ  >  女性向けトップページ  >  検査の内容  >  もう少し詳しく調べる検査
ページTOPへ