膀胱訓練・排尿コントロールの方法

自分の排尿をコントロールする力をつける

尿意切迫感や尿漏れを気にするあまり、少ししか尿がたまっていないのにトイレに行くくせがついてしまうと、膀胱が小さくなったり、過敏になったりして、尿をたくさん蓄えることができなくなることがあります。このため、ますます尿トラブルが悪化してしまうのです。このような場合は、膀胱に尿をためる訓練をして、膀胱の能力をもとに戻すことで、症状を改善させることができます。

■ 方法
尿意を我慢する練習を、短い時間から始めて、少しずつ時間を延ばしていきます。
  • トイレへ行くのを1回だけ我慢してみましょう。
  • 最初は5分くらい我慢し、1週間ほど続けます。尿意を感じるたびにではなく、1日のうちの時間や回数を決めて、少しずつ始めてもいいのです。
  • 10分、15分と、我慢する時間をだんだん延ばしていきます。
  • 最終的に2〜3時間我慢できるようになれば、目標達成です。

適度な、定期的に行う運動訓練と併せて、排尿日誌をつけると、自分の排尿の傾向がわかり、尿トラブルの頻度の高い時間帯に訓練の時間を合わせるなど、対策が立てやすくなります。 また、訓練の成果もよくわかり、励みにもなるでしょう。排尿日誌には、排尿した時間、尿の量などを記録します。1回の排尿の量は200〜300ccくらいが目安です。

○ 膀胱訓練が有効でない場合もあります
膀胱訓練で効果が出るのは、過活動膀胱による尿意切迫感や頻尿の場合です。感染症や前立腺肥大症などの場合は症状を悪化させることもあります。きちんと診察を受け、自分の尿トラブルの原因を理解した上で、医師の指導に従って行うことが大切です。

排尿トラブル改善.comトップページ  >  女性向けトップページ  >  日常生活で出来るトレーニング  >  膀胱訓練
ページTOPへ