排尿障害・泌尿器科関連の用語集 あ行

診察室での医師との会話や病気の専門書を読む際に欠かせないのが、専門用語の理解です。 排尿障害の診察で使われる専門用語を中心にご紹介します。

【 アセチルコリン:あせちるこりん 】
神経伝達物質の1つ。副交感神経や運動神経の末端から放出され、他の神経細胞や筋肉の細胞に情報を伝えます。

【 エコー検査:えこーけんさ 】
経皮的(皮膚の上から)にプローブをあて超音波を発信し、その反射を検出して画像を描出する検査。

【 壊死:えし 】
組織や細胞に物理的、化学的障害作用が加わり、これらの機能が全く失われ、細胞が死滅したときの細胞内の構造、形態の不可逆的な変化。

【 炎症反応:えんしょうはんのう 】
傷害性刺激によっておこった、傷害組織や傷害因子に対する生体の防御的または修復的局所反応。

【 黄疸:おうだん 】
胆汁の色素であるビリルビンが血液中に増加してビリルビン血症を呈し、そのために組織が黄色に着色した状態。

【 悪寒:おかん 】
体温の急激な上昇に先だち、皮膚の毛細血管が収縮し熱放散が減少することによって起こります。

排尿トラブル改善.comトップページ  >  男性向けトップページ  >  用語集 あ行
ページTOPへ