排尿障害・泌尿器科関連の用語集 な行

診察室での医師との会話や病気の専門書を読む際に欠かせないのが、専門用語の理解です。 排尿障害の診察で使われる専門用語を中心にご紹介します。

【 内視鏡:ないしきょう 】
からだの中に挿入して当該部位を直接観察し、診断、処置を行なう目的で開発された器具。泌尿器系で使われる場合、主に尿道から挿入します。

【 尿pH反応:にょうpHはんのう 】
尿のpH(酸・アルカリ度)は弱酸性ですが、飲食の影響をうけて多少変動します。ただし尿がアルカリ性に強く傾いたときは尿中に細菌が繁殖していることがあり、細菌感染の病気を疑います。また、服用している薬の影響などでpH値が大きく変わることもあります。

【 尿失禁:にょうしっきん 】
尿失禁とは、自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまう状態(尿漏れ)。

【 尿潜血反応:にょうせんけつはんのう 】
尿の試験紙法による血尿の検出方法。目で見てもわからない血尿(顕微鏡的血尿)も尿潜血反応検査では陽性になります。試験紙法は非常に鋭敏な検査で、わずかの血液が混ざっただけでも陽性となります。 尿潜血反応が陽性だからといって、必ずしも尿潜血とは限りません。

【 尿たんぱく:にょうたんぱく 】
正常でもごくわずか尿中に出ますが、腎臓の機能が低下すると、この値が大きくなります。

【 尿沈査:にょうちんさ 】
尿を遠心分離器にかけて、沈殿させた有形成分(沈査)を顕微鏡でみる検査。

【 尿糖:にょうとう 】
試験紙を用いて尿のなかの糖分を調べる検査。糖尿病の有無を診断するのに有効です。尿糖が陽性で血糖値が高い場合は直ちに糖尿病と診断されますが、血糖値が高くないのに尿糖が陽性になる場合(腎性尿糖)や、血糖値が高くても尿糖が陰性になる場合もあります。

【 尿路感染症:にょうろかんせんしょう 】
腎臓、尿管、膀胱、尿道など尿の通り道(尿路)のどこかに細菌(主に大腸菌)が感染して、炎症を起こす病気。炎症を起こす場所によって、腎盂腎炎、膀胱炎・尿道炎などに分かれますが、まとめて尿路感染症と呼びます。

【 尿路結石:にょうろけっせき 】
腎臓・尿管・膀胱・尿道に結石が発生している状態。結石の場所によってそれぞれ腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼ばれます。尿中のカルシウム、マグネシウム、尿酸などが成分。腎臓結石や尿管結石では激しい痛みや血尿などの症状がみられ、膀胱結石では膀胱刺激による頻尿、排尿時の痛み、血尿が主症状です。

【 脳下垂体:のうかすいたい 】
両眼の奥の正中にあるホルモンの中枢。成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、黄体刺激ホルモン、メラニン細胞刺激ホルモン、抗利尿ホルモンなどを分泌し、からだ全体のホルモンのバランスを取っています。

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー
排尿トラブル改善.comトップページ  >  男性向けトップページ  >  用語集 な行
ページTOPへ