排尿障害・泌尿器科関連の用語集 た行

診察室での医師との会話や病気の専門書を読む際に欠かせないのが、専門用語の理解です。 排尿障害の診察で使われる専門用語を中心にご紹介します。

【 大腸菌:だいちょうきん 】
ヒトおよび動物の腸管内に常在し、乳糖分解能をもちます。通常は病原性がありませんが、下痢や胃腸炎をおこす病原性大腸菌もあります。

【 蓄尿:ちくにょう 】
1.膀胱に尿をためる働き
2.検査のための蓄尿は、尿中に排泄される成分を検査するために、一定時間(通常は24時間)に排泄された尿をすべてためることです。 尿は一日に何度も排泄されますが、時間帯などによって排泄される成分(糖やたんぱくなど)の濃度は変動します。

【 中分化型腺がん:ちゅうぶんかがたせんがん 】
悪性度が中程度の前立腺がん。

【 低分化型腺がん:ていぶんかがたせんがん 】
最も悪性度が高く、正常細胞とは大きく異なるがん。

【 テストステロン:てすとすてろん 】
男性の場合、主に精巣から分泌される男性ホルモンの一種。第二次性徴を発現させ、タンパク同化作用を持ち、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制し塩類の体内に蓄える作用を促進します。

【 糖尿病:とうにょうびょう 】
持続的な高血糖と時に糖尿を伴うこともある代謝異常で、神経や血管を障害して目や腎臓など身体にさまざまな病気(合併症)を引き起こす。すい臓から分泌されるインスリン(血糖を調整するホルモン)が絶対的に不足している1型と、インスリンの分泌不全とインスリン抵抗性による作用の低下が原因となっている2型とがある。

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー
排尿トラブル改善.comトップページ  >  男性向けトップページ  >  用語集 た行
ページTOPへ