前立腺肥大症と診断されたが、
手術を受ける決心がつきません・・・

前立腺肥大症や過活動膀胱などの悩みや不安について、ドクター武田がアドバイスします。

前立腺肥大症と診断されたが、手術を受ける決心がつきません・・・

前立腺肥大症と診断されましたが、手術を受ける決心がつきません。副作用として、逆行性射精になると本に書いてあるし、技術的に難しいとも書いてあり決心がつかないのです。手術に踏み切るタイミングなども教えてください。

(68歳 / 無職)

薬物療法を行ってみて、十分な症状の改善がみられなかった場合に手術を考えます。肥大の程度にもよりますが、ご相談の方が検討されているのはTURP(経尿道的前立腺切除術)という内視鏡を使った手術ではないかと思われます。副作用として起こる逆行性射精は、これから子どもを作ろうと考えている方にとっては、通常のセックスで妊娠ができなくなる可能性があるため大きな問題となります。しかし、そうでない場合は、膀胱にたまった精液は尿と一緒に排泄されますので、健康上とくに問題はありません。熟練した医師のもとで受けたほうがいいでしょう。

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー
排尿トラブル改善.comトップページ  >  男性向けトップページ  >  よくある質問トップ  >  前立腺肥大症と診断されたが、手術を受ける決心がつきません・・・
ページTOPへ