その他排尿・おしっこの病気の症状・原因と治療法

前立腺肥大症、過活動膀胱、前立腺がん以外にも、さまざまな病気によって、排尿に関係した症状が起こります。

感染症

感染症とは細菌の感染によって、炎症が起きる病気です。原因として一番多いのは大腸菌です。 尿道から細菌が入り、膀胱、尿道、前立腺などが感染症を起こすと、さまざまな排尿に関係した症状が現れます。 多くの場合、抗菌薬の服用で、症状は改善します。

1)膀胱炎
細菌に感染し、膀胱粘膜に炎症が起きる病気で、急性膀胱炎と慢性膀胱炎があります。尿検査で原因菌をつきとめ、それに応じた抗菌薬を服用します。

○ 急性膀胱炎
女性に多くみられます。排尿痛、残尿感、頻尿、尿の濁りなどが主な症状です。通常は抗菌薬の服用ですぐに治ります。

○ 慢性膀胱炎
前立腺肥大症など何らかの病気がもとにあり、それが原因で膀胱内に炎症が起きます。下腹部の不快感、頻尿、残尿感、腰痛ですが、自覚症状は軽度で無症状のこともあります。

慢性膀胱炎

2)腎盂腎炎
細菌感染が腎臓に起きたもので、急性膀胱炎の症状に加えて発熱や背中の痛みがみられます。入院し点滴が必要になることもあります。

3)尿道炎
おもにセックスで淋菌やクラミジアなどの病原微生物に感染し、尿道内に炎症を起こすものです。排尿痛や尿道から膿が出るなどの症状があります。
尿検査や尿道からの分泌物から原因菌をつきとめ、それに応じた抗菌薬を内服します。

4)前立腺炎
尿道から大腸菌やブドウ球菌などの細菌が侵入し、前立腺に感染して炎症を起こす病気です。

○ 急性前立腺炎
大腸菌やブドウ球菌などの細菌が尿道から前立腺に侵入して炎症を起こす病気です。急に40度を超えるほどの高熱が出て、寒けや倦怠感を伴う場合もあります。炎症が進むと、尿道から膿が出て、排尿のたびに痛みを感じるようになります。
感染の原因は、汚い水に浸かった、不潔な手で陰部に触れたなど実にさまざまで、原因がはっきりしないことも多いものです。
尿検査、エコー検査、血液検査、直腸診などが行われ、細菌の感染を確認したあと、それに対応する抗菌薬を投与します。炎症性の疾患なので、なるべく安静を保つことが大切です。症状がなくなっても、再発する可能性があるので、すぐに薬の使用を中止せず、医師の指示に従うよう注意しましょう。

○ 慢性細菌性前立腺炎
急性前立腺炎ほど症状はひどくなく、頻尿、排尿後の不快感などがあらわれます。会陰部に鈍い痛みを感じることもあります。
尿と前立腺液を採って、原因菌をつきとめ、それに対応する抗生物質を投与します。再発しやすいので、気長に治療を続けることが大切です。

間質性膀胱炎

細菌の感染が原因ではなく膀胱に炎症が起きる病気です。原因はまだはっきり解明されておらず、他の病気(過活動膀胱や心因性のトラブル)と診断されてしまうことも少なくありません。専門医で診てもらう必要があります。薬で治らない場合は水圧拡張という特殊な治療法が必要となります。
尿をためる時の下腹部の痛みが特徴ですが、頻尿・強い尿意などを伴います。

尿路結石

腎臓、尿管、膀胱、尿道などに石がたまる病気です。腎臓や尿管に石がたまると、激痛があり、石が膀胱の入り口付近にあると頻尿や残尿感があらわれます。治療法は石の大きさや位置によって異なります。1cm以下の小さい石ならば、水分を多くとって運動をすると、尿と一緒に出てしまう場合もあります。それ以外の場合で最も多く行われている方法は、「体外衝撃波砕石術」といって、専用の装置を使って体外から衝撃波を当てて石を壊す方法です。それでも壊れない場合は、尿管に金属の棒を入れて直接空気圧などで石を壊します。腎臓内に大きな石が詰まってしまったようなケースでは、腎臓に内視鏡を入れて石を砕きます。また、開腹手術をして摘出する場合もあります。

膀胱がん

膀胱にできる悪性の腫瘍です。症状が膀胱炎とよく似ているため見逃されやすく、注意が必要な病気です。女性よりも中高年以上の男性に多くみられると言われています。 痛みを伴わない血尿、頻尿・排尿時の痛み・残尿感などがみられます。

膀胱頸部硬化症

何らかの原因で、膀胱と尿道のつなぎ目の部分(膀胱頸部)が硬くなって開きにくくなる病気です。膀胱にたまった尿の排泄がスムーズにいかなくなるので、排尿困難、残尿感などの症状があらわれます。治療法は、前立腺肥大症に使われる薬と同じで、膀胱頸部の筋肉の緊張をやわらげるα1受容体遮断薬を使います(適応外)。手術で尿道を広げる方法などもあります。

尿道狭窄

尿道が狭くなるもので、生まれつきのものと、後天的なものがあります。後者は、尿道に傷ができたり、尿道炎の後遺症などで起こります。尿道が狭いため、尿の排泄がスムーズにいかず排尿に時間がかかります。症状が前立腺肥大症と似ているので間違えやすいのですが、尿路狭窄の場合は尿道に器具を入れて尿道を広げる治療が必要になります。治療法が異なるので、検査をした上できちんと診断を受けることが欠かせません。

神経性頻尿(心因性の頻尿)

精神的な問題が原因で、頻尿や尿意切迫感が起きる場合があります。「トイレのことを心配すると尿意を感じる」、「緊張した時にトイレに行きたくなる」は、その1つの例です。また、寝ている時や、リラックスしている時には、症状が起きないのが特徴です。
問診や病院での検査で泌尿器の異常が認められず、心因性と診断された場合は、抗不安薬などの薬物治療や、カウンセリングなどを行います。

神経因性膀胱

薬によるもの

他の病気の治療のために服用している薬の影響で、尿の量が増えるため、頻尿や夜間頻尿など過活動膀胱に似た症状があらわれることがあります。
中枢神経にはたらく向精神薬、抗不安薬、筋弛緩薬
高血圧治療薬である利尿薬
抗不整脈薬であるβ受容体遮断薬
骨格筋に直接はたらく筋弛緩薬
消化管の運動を亢進させる薬剤であるコリン作動薬、コリンエステラーゼ阻害薬

泌尿科では「何を聞かれる?」「どんなことをする?」など 受診の流れを知りたい方はこちらへ

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー
排尿トラブル改善.comトップページ  >  男性向けトップページ  >  その他の病気
ページTOPへ