男性の排尿のしくみ 泌尿器と前立腺の機能

泌尿器と前立腺

男性の泌尿器泌尿器とは、尿をつくり、老廃物を体外に排泄する器官の総称で、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれます。男性だけにある前立腺も、その一つ。ちょうど、膀胱の下にあって、内部を尿道が通る胡桃の大きさほどの器官です。

排尿のしくみ

尿をつくり、蓄え、排泄するはたらきをになう器官を総称して「泌尿器」と呼びます。
泌尿器には、体内を巡った血液をろ過し、尿をつくる「腎臓」、つくられた尿を膀胱へ送る「尿管」、尿を蓄えておく「膀胱」、膀胱にたまった尿を外に出す「尿道」があり、それぞれがうまくはたらき合って、排尿のシステムを機能させています。

尿を貯める時

このシステムが正常にはたらいている時、私たちは特に意識することなく、膀胱に尿を数時間蓄え、ある程度たまるとその尿を残らず外へ出していますが、これは、膀胱の筋肉と尿道の筋肉の「緩む」と「締まる」の動きが、自律神経のはたらきで絶妙にコントロールされているからなのです。自律神経には、緊張している時にはたらく交感神経と、リラックスしている時にはたらく副交感神経があります。膀胱に尿がたまっている時は、主に交感神経がはたらき、膀胱の筋肉は緩んで尿を蓄え、反対に尿道の筋肉は締まって尿が漏れるのを防ぎます。尿が150ミリリットルほどたまると、膀胱から脊髄の神経を通して「たまったよ」という信号が脳に送られ、「尿意」を感じますが、限界というところにくるまでは、大脳が「まだ出してはだめ」という信号を膀胱へ送るため、私たちは排尿をがまんすることができます。そして、トイレへ行き尿を出そうと思うと、脳が「出してよい」という信号を送ります。ここで副交感神経が主にはたらき、尿道の筋肉がゆるみ、反対に膀胱の筋肉は締まって尿を押し出し、尿が排出されるのです。健康な成人では、1回の排尿量は300ミリリットルほどで、約30秒で膀胱が空っぽになるのが普通です。

尿を出す時

前立腺のはたらき

さて、ここまでの泌尿器のしくみやはたらきは男女共通ですが、大きく異なるのは、男性には女性にはない「前立腺」が膀胱のすぐ下にあるということです。前立腺は男性の生殖機能にかかわる臓器で、主なはたらきは、精液の15〜20%を占める前立腺液を分泌することです。前立腺液には精子を守るはたらきがあります。さらに前立腺は、生殖機能だけでなく排尿のコントロールにも関係しています。くわしいはたらきについては、まだ未解明の部分も多いのですが、膀胱のすぐ下にあって、真ん中を尿道が通っている位置関係からも、排尿に影響を与えていることがわかります。50歳をすぎた頃から、前立腺の肥大が起こる人がいます。前立腺が肥大すると、尿道が圧迫され、尿の排泄がスムーズにいかなくなったりする「排尿障害」の原因となります。

男性の泌尿器
排尿トラブル改善.comトップページ  >  男性向けトップページ  >  排尿のしくみと前立腺
ページTOPへ