過活動膀胱(OAB)の検査・問診内容

排尿に関係する症状があっても、「年だから仕方がない」「恥ずかしい」などの理由で病院・医院へ行って診断や治療を受けることなく、がまんしたまま不便でゆううつな生活を続けている人も多いようです。排尿の症状は、きちんと診断を受けて治療すれば改善できます。また早めの治療で症状の悪化を防ぐこともできます。お悩みの方は、ぜひ、早めに医療機関の受診し、適切な治療を受けることをおすすめいたします。
ここでは、前立腺肥大症、過活動膀胱、前立腺がんを中心に、泌尿器科での診断や治療についてご紹介します。

問診

専門医(泌尿器科)へのかかりかた泌尿器科を受診すると、まず問診が行われます。問診票が使われることもあります。また、検査のうち、尿検査や血液検査は一般的に、初回受診時に行われますが、他の検査は症状などに応じて、適宜行われます。

1)問診
泌尿器科を受診して、まず行われるのが問診です。どんな症状があり、それによって日常生活にどの程度の支障があるのかを、できるだけ具体的に話します。

2)国際前立腺症状スコア(I-PSS)
問診票「I-PSS」 前立腺肥大症が疑われるときの問診では、「国際前立腺症状スコア(I-PSS)」という、WHO(世界保健機構)が1995年に定めた問診票がよく使われています。具体的な症状と、その程度を点数化することで、自覚症状を把握することができます。

国際前立腺症状スコア (IPSS:International Prostate Symptom Score)

どれくらいの割合で次のような症状がありましたか 全くない 5回に1回の割合より少ない 2回に1回の割合より少ない 2回に1回の割合くらい 2回に1回の割合より多い ほとんど
いつも
この1か月の間に、尿をしたあとにまだ尿が残っている感じがありましたか 0 1 2 3 4 5
この1か月の間に、尿をしてから2時間以内にもう一度しなくてはならないことがありましたか 0 1 2 3 4 5
この1か月の間に、尿をしている間に尿が何度もとぎれることがありましたか 0 1 2 3 4 5
この1か月の間に、尿を我慢するのが難しいことがありましたか 0 1 2 3 4 5
この1か月の間に、尿の勢いが弱いことがありましたか 0 1 2 3 4 5
この1か月の間に、尿をし始めるためにお腹に力を入れることがありましたか 0 1 2 3 4 5

  0回 1回 2回 3回 4回 5回以上
この1か月の間に、夜寝てから朝起きるまでに、ふつう何回尿をするために起きましたか 0 1 2 3 4 5

スコア合計

QQLスコア

  とても
満足
満足 ほぼ
満足
なんともいえない やや
不満
いやだ とても
いやだ
現在の尿の状態がこのまま変わらずに続くとしたら、どう思いますか 0 1 2 3 4 5 6

スコア合計

3)質問票「OABSS」
過活動膀胱が疑われるときの問診では、 過活動膀胱症状質問票という質問票がよく使われます。
症状について4つの質問があり、答えの選択肢に0〜5点の点数がつけられています。

問診票「OABSS」
出典:過活動膀胱診療ガイドライン
2005年発行 編集:日本排尿機能学会 過活動膀胱ガイドライン作成委員会
発行:ブラックウェルパブリッシング株式会社

4)排尿日誌
尿の状態をさらに知るために、排尿日誌をつけてもらうこともあります。1日のうち、トイレに行った時刻、尿の量、尿意はどれくらいだったか、水分の摂取量はどれくらいだったか、などを記録していきます。排尿日誌をつけることで、その人の尿のトラブルの特徴や傾向がわかり、診断や治療をより適切に行うことができます。

排尿日誌
出典:日本排尿機能学会

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー
排尿トラブル改善.comトップページ  >  男性向けトップページ  >  検査の内容  >  問診
ページTOPへ